歯を守るために

予防について

むし歯や歯周病にならないために

むし歯や歯周病にならないために

歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く⇒歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。

ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

むし歯のメカニズム

むし歯のメカニズム ①

むし歯のメカニズム ①
ミュータンス菌が活動を開始!

口腔内にはミュータンス菌が住んでいます。
食事をして歯に残った糖をエサにして、菌は活動をはじめます。

むし歯のメカニズム ②

むし歯のメカニズム ②
食べた糖を分解してプラークを作る

ミュータンス菌は、食べた糖を分解してプラークを作ります。

むし歯のメカニズム ③

むし歯のメカニズム ③
ミュータンス菌が増殖

プラークからミュータンス菌が増殖します。

むし歯のメカニズム ④

むし歯のメカニズム ④
ミュータンス菌が糖を発酵させて酸を生成

増えたミュータンス菌は、
糖を発酵させて乳酸などの酸を生成します。

むし歯のメカニズム ⑤

むし歯のメカニズム ⑤
酸が歯を溶かしてむし歯になる

高濃度の酸で歯を溶かして、むし歯になってしまいます。

プロが行うクリーニング「PMTC」

PMTC

毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人、歯周病の治療が終わっている人、矯正中の人、被せ物やブリッジなどがある人におすすめです。

むし歯や歯周病を予防するために

歯の健康のためには、日頃からフッ素入りハミガキを使って、丁寧に歯を磨くこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。

治療などの必要がなくても、少なくとも3か月に1度は受診するようにように習慣づけましょう。

口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。