歯の豆知識Tooth Knowledge

2021.03.20予防の重要性

こんにちは。
八戸・十和田から車で20分
笑顔と思いやりの溢れる歯科医院、五戸の松尾歯科です
 
今回は『予防の重要性』についてお話しします。
 
先進国の中でも歯科において日本は少し遅れているという事はご存知でしょうか?
 
アメリカ、スウェーデンその他先進国の
数々は予防の習慣が国全体に浸透されています。
 
一方、日本はどうでしょうか…??
 
「歯科は、痛くなったら行くところ!」
という考えがまだまだ根付いているのです…
 
なぜ、『予防』が大切なのか、
なぜ、痛くなってからの治療ではダメなのか…
 
削って詰めての繰り返しだと歯がどんどんなくなるから。
 
というのも理由になりますが、
まずはイラストをご覧ください
蛇口から水が出たまま床にこぼれた水をひたすら拭いている人がいます。
 
このイラストをみてどこがおかしいかお気づきになりましたか?
 
「床を拭く前に蛇口をとめないと!」
この事に気がついた方はもう『予防の重要性』に気がついています!!
 
今から説明いたしますね
 
蛇口から出る水を「虫歯になる原因」とします
雑巾で水を拭く行為を「歯科医師による治療」とします。
 
もうお分かりですか?
 
まずは「虫歯になる原因」をしっかりと解決して
『なぜ、自分は虫歯になるのか』ということを歯科医院でしっかりと検査して原因を改善してから治療をすることが重要です。
 
痛くなってからの来院では、悪いところを削って修理する事に焦点を当てられ
蛇口をしっかりしめる行為がなされていません。
 
蛇口が開いた状態のまま(虫歯になる原因を理解しないまま)
水が漏れている中(虫歯の原因を解決せずに)
雑巾で拭く(歯科医院で治療のみを行う)ことは
果たして最善でしょうか??
 
もちろん、痛くて痛くてどうしようもないときは痛みを取り除くことが優先になります。
ただ蛇口さえしっかり締めていれば急な痛みは出にくいかもしれませんね😀
 
虫歯になる原因は様々です
*歯磨きができない
 (磨いているけど「磨けていない」)
*虫歯になりやすい食生活をしている
*唾液の質が悪い
 (虫歯になりやすい唾液)
*唾液の量が少ない
*虫歯菌がたくさんいる
*フッ素が取り込まれていない
など・・・
これらの沢山の原因が重なり合って人は虫歯になります。
 
まずは自分はなぜ虫歯になるのか、その原因を見つけて、改善する方法を歯科医院でお伝えさせていただき、『蛇口の水を止めること』から行うことをお勧めします。
 
 
今回は虫歯予防についてお話しさせていただきましたが、「歯周病」も同じです。
歯周病は「完治」というのはなく
いかに気がついた時から歯ぐきの治療をして進行を止めてあげるのかが重要です。
(もちろん歯周病になる前の予防が何よりも重要です!!)
 
蛇口を締めることができるのは
「歯科医院」ではありません
蛇口を締めるために歯科医院に来院してくださる患者様『あなた自身』です
私たち歯科は蛇口の締め方をお伝えして、定期的にチェックすることしかできません。
 
原因を知るための検査と
定期的なメインテナンスで
「健口」から「健康」
そして『健幸』へと繋げていきましょう。

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

診療
9:00~12:30
14:00~18:00
 

Youtubeチャンネルyoutube channel