歯の豆知識Tooth Knowledge

2020.10.30「口腔筋機能療法(MFT)」

こんにちは😊

八戸・十和田から車で20分、五戸松尾歯科の掛端です

今回は、口腔筋機能療法(MFT)についてお話しします。

私自身、勉強させてもらうまで、このMFTを知りませんでした。

MFTとは、矯正治療の一つです。

ところで、歯並びが悪い原因って何だと思いますか?

 

歯並びが悪くなる原因には様々な要因がありますが、大きく分けると「遺伝的要因」と「環境要因」の2つで説明されます。

 

 

遺伝要因には、歯が大きい、顎が小さいなどがあります通常の矯正治療

環境要因には、口腔周囲筋の機能不全、悪習癖、悪い姿勢などがあります→MFT(口腔筋機能療法)

歯並びを悪くする「環境要因」とは?

口腔周囲筋の機能不全がある場合、正常な顎の発達や呼吸、発音、咀嚼、嚥下(飲み込み)が正しく行われず、歯並びが悪くなる場合があります。

また、指しゃぶり、ほおづえ、丸飲みなどの悪習癖、悪い姿勢、その他様々な原因が歯並びを崩す原因となります。

 

 

あなたにも、歯並びを悪くする癖があるかもしれません。

 

下のリストでチェックしてみましょう!

 

◎自己判断チェック

⚫︎普段の生活の中で...

・いつも口を開けている😧

・くちゃくちゃ音を立てて食べる

・唇が荒れやすい

・風邪をひきやすい🤧

・猫背
 

⚫︎食事の時...

・よく噛んで食べない

・足のつかないイスで食事をしている 

・水が無いと食事ができない

・舌が食べ物を迎えに行く食べ方

・硬いものを食べるのが苦手
 

⚫︎舌や唇の使い方

・舌の先がいつも上または下の前歯の裏に触れている

・舌の先がいつも上下の前歯の間に触れている

・唇にグッと力が入っていることがある🙁

・よく歯に物がつまるのでいつもそこを舌で触っている
 

⚫︎このような癖はありますか?

・ほおづえをつく 

・寝る時はいつも横向き

・爪を噛む、唇を噛む

・指しゃぶり

 

上のリストで一つでもチェックがついた人は注意が必要です。

このまま続けると歯並びが悪くなる可能性があります!

 

 

お口の癖は「口腔筋機能療法(MFT)」で改善する事が出来ます。Oral Myofunctional Therapy 食べる(咀嚼)、飲む(嚥下)、発音、呼吸、舌の位置、口唇の位置などの改善を目的とした各種トレーニングを行う事により、口腔周囲の筋肉バランスを整える療法です。

長年に渡って習慣化された癖は、早くても半年、状態によっては、23年以上かかることがあります。

 

当院では、矯正治療のスムーズな進行および矯正治療終了後も長期の安定的な保定を実現させることを目的として、この療法を積極的に取り入れています。

トレーニングの内容は、個々の患者さんの状態に合わせて、術者が選んでトレーニングを進めていきます。

😮MFTの流れ😬

 

STEP①検査

お口周りの筋肉の状態を検査します。

(矯正治療の検査・診断の後に行います)

 

STEP②診断

治療計画をご説明します。

 

STEP③通院

段階的にすすむトレーニングを順に練習していきます。

 

STEP④自宅

ご自宅で、毎日練習します。

 

STEP⑤繰り返す

課題が出来たら、次のトレーニングに進み、③~④を繰り返し実践する

 

治療は月に1回のペースです。

このトレーニングを始めた時の写真とトレーニングを終えた時の写真を見ると、効果がしっかりと目に見える事が多く、凄く喜んでもらえます😊


チェック項目で多数当てはまる方は、相談をお待ちしてます💕


カテゴリ一覧

月別アーカイブ

診療
9:00~12:30
14:00~18:00
 

Youtubeチャンネルyoutube channel