歯の豆知識Tooth Knowledge

2019.08.23歯ぎしりについて

こんにちは。
八戸、十和田から車で20分五戸町、松尾歯科院長の松尾紘吾です。
夏もそろそろ終わりに近づきますが、まだまだ暑い日が続いています。
突然の気温の変化に体を壊さないように気をつけてください。

さて、今日の豆知識は歯ぎしりについてです。

皆さんは朝起きたとき(なんだか顎が疲れているなぁ)と感じた事はありませんか?
また、歯がだんだんすり減ってきている。
最近になって冷たいものがしみるようになった。
噛むと奥歯が痛い。
といった症状はありませんか?
そんな方は、日中の食いしばりや睡眠中に歯ぎしりをしている可能性があります!

歯ぎしりというと、皆さんがイメージするのは歯と歯を擦り合わせる、ギリギリ音がなる歯ぎしりではないでしょうか?
実は、歯ぎしりには3つの種類があります。
一つ目は、歯と歯を擦り合わせギリギリ音がなるグライディング
二つ目は、ぎゅ~っと食いしばる、クレンチング
そして三つ目は、歯をカチカチするタッピング
です。

睡眠中の歯ぎしりは、日中に受けたストレスを発散する効果があり、脳と体にとってとても大切な行動です。しかし、強い力で歯をギリギリ擦り合わせたり、食いしばったりすると、重大なトラブルを起こす可能性があります。
なぜなら、食事のときの噛む力は数キログラムから強くても30キロ程度ですが、歯ぎしりは無意識下で行われ抑制がきかないため50~100キロを越える力がかかると言われているからです。


歯ぎしりをすると様々なトラブルが起こります。

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

診療
9:00~12:30
14:00~18:00