矯正治療

矯正治療とは

矯正治療とは

自分の歯で一生噛めるようにするためには、虫歯や歯槽膿漏にならないように日頃の注意(歯みがきの励行・定期検診)が必要です。

昨今の日本では、食生活の変化から顎の発育が悪くなり不正咬合になる子供が多くなってきています。
不正咬合の場合、物をよく噛めないばかりか、磨き残しから虫歯や歯槽膿漏にもなるリスクも増えます。
また、心理的にもコンプレックスをもちやすく、心身の発育に悪い影響を及ぼします。 矯正治療を行って、美しい笑顔とキレイな歯並びになり、心身ともに健康になっていただきたいと思います。

不正咬合が心身に与える影響とは

  • 歯磨きが上手にできないためむし歯になりやすい
  • 食べ物を上手く噛むことができない
  • 発音が悪くなり、上手にしゃべることができない
  • 全身のバランス(姿勢)が悪くなり、頭痛やスポーツなどに影響がある
  • 歯並びが悪いことに心理的ストレスを感じる場合がある
  • 見た目が悪いということだけではなく、日々の生活から健康に悪影響を及ぼす可能性がある

矯正を始めるタイミング

「矯正治療を始める時期はいつ頃が良いですか?」
「自分の子供の年齢に適した矯正治療は?」

矯正治療は様々な種類がありますが、松尾歯科では矯正を始めるタイミングにあわせて、様々な矯正治療をご案内致します。

矯正治療を始めるタイミングは大きく2期に分けることが出来ます。

1期:3歳~12歳

こどもの乳歯は3歳を目安に生えていきます。
その後6歳頃から6年~7年ほどかけて永久歯へと生え変わっていきます。
つまりこの期間は、乳歯~永久歯へ生え変わる時期になります。

顎の発育状態を改善する矯正治療なども行えるため、
抜歯をしない矯正や、マウスピースを使った目立たない矯正の可能性がある時期です。
「お子さんの歯並びが心配」というママは、一度ご相談下さい。

2期:12歳~成人

12歳頃を目途に永久歯が生え揃います。
この時期になると、装置を使ったスタンダードな矯正治療がメインとなります。

既に歯並びの原型は出来上がっていますので、歯列の状態によっては抜歯を伴う可能性もあります。松尾歯科では、患者様の状態にあわせて、部分的な矯正治療など最適な矯正治療を選ぶことが出来ます。

「抜歯が心配」「装置が目立ってストレスに感じるのでは」など気になる点は、一度ご相談下さい。

こどもの矯正

「子供の歯ならびが気になる」
「乳歯が他の子と比べて大きい気がする」
「前歯の隙間が気になる」

成長過程にある子供たちの約6割~7割に不正咬合があることがわかっています。
そして、不正咬合の原因のほとんどは、口呼吸や間違った嚥下による顎の発育不良と言われています。

1期の矯正は、装置を使う矯正治療だけでなく、姿勢や呼吸方法を改善する筋機能訓練によって歯並びを改善出来る時期です。
マウスピースを用いた治療は、お子さんが積極的に取り組んでいけるように、
ママの協力が欠かせません。松尾歯科ではお子さんの口腔内の状態を確認し、
丁寧に診断していきます。また、トリートメントコーディネーターやドクターから
丁寧な説明を、カウンセリングルームでお伝え致します。

MFT(口腔筋機能療法)

マウスピースを使い、舌癖、口呼吸、飲み込み、姿勢などを正しい状態に戻すための筋機能訓練をすることで悪い癖を除去する矯正治療です。

MFTによる矯正が適しているかどうかは下記の習慣をチェックして診断致します。

 ? 日ごろのベロの位置がおかしい
 ? 指しゃぶりを他のお子さんより多くしている
 ? 下唇を噛んでしまう癖がある
 ? 通常口で呼吸をすることが多い

ご自宅にいる時に、トレーナーと呼ばれるマウスピース型の装置を装着して行います。

ゲームをしている時間や、寝ている時にも装着をしていくことで、口腔内の悪い習慣が
出ないようにトレーニングをしていきます。

また、舌トレーニングや正しい嚥下を身につけるトレーニングを行うことで、
矯正治療の効果を高めていきます。

1ヵ月に1回程度、松尾歯科にも通っていただき、トレーニングの経過を確認していきます。
顎の発達にあわせて、トレーナーの大きさを変更していきますので、矯正治療終了までに
2~3個のトレーナーを交換していきます。

大体5歳~7歳ぐらいから治療をスタート出来ます。
個人差がありますが、正しい姿勢、呼吸、嚥下を身につけることで、
歯並びを悪化させる悪い癖をなくすことが出来ます。

※歯並びを悪くするものとして、他にも顎と歯のバランスが悪いなど、様々な原因が考えられます。MFTだけで矯正が終了しないケースもございます。
しかし、お子さんに正しい姿勢や呼吸、嚥下を身につけさせてあげることは、その後のお子さんの人生に良い影響があります。ご不明な点はご相談下さい。

舌側弧線装置

バンドと言われる金具を用いた矯正治療となります。
口腔内の悪い習慣などが見られない場合には、
この矯正装置を使った治療を実施していきます。

年齢は、6歳~7歳ぐらいから可能です。
期間は1年~2年程度で矯正していきます。

おとなの矯正

通常の矯正装置を用いた矯正治療となります。
場合によっては抜歯が必要となるケースや、
装置をつけることで見た目の不安もあると思います。

スタートする時期などは丁寧に希望をお聞きします。
また、矯正装置の種類は3つからお選びいただけます。

矯正具の種類

メタルタイプ
メタルタイプ

もっとも一般的な矯正具です。金属製のメタルブラケットは丈夫なので、多くの不正咬合の種類に対応することができます。
また、他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができます。最近では、矯正具自体が小さくなっているので目立たなくなっています。

クリアタイプ
クリアタイプ

ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明になっているため、通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

セラミックタイプ
セラミックタイプ

セラミック素材で出来ているので耐久性、審美性に優れています。見た目がきれいなので女性に人気の矯正具です。

口腔内の状態や、ご希望にあわせて最適な種類を選択して頂きます。

部分的な矯正治療

「前歯の歯並びを改善したい」「気になるのは前歯だけ」という方へお勧めの治療方法です。
歯の幅と顎の幅を計測し、歯を削り、特殊な装置をつけることで歯列を整えていきます。
歯列の状態によって出来る場合と出来ない場合がございます。

事前の測定、診断、カウンセリングで丁寧に説明していきます。

矯正治療の注意点

矯正治療を行う上で重要なことは、ご自身やお子さんのお口の状態をしっかりと把握し、それぞれの矯正治療のメリット、デメリットを理解した上でスタートすることです。
長い期間、トレーニングや装置を装着することになりますので、正しい知識を持って、
協力して進めていくことが重要です。

また、虫歯がある場合は治療が終了してからスタートしますので、早めにご相談頂くことで計画が立てやすくなります。

まずは、一度矯正の無料相談へお越しください。