噛める入れ歯

入れ歯

噛めない入れ歯で諦めていませんか?

入れ歯は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、入れ歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯ぐきが痛いなどさまざまです。

当院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための入れ歯を提供できるよう力を注いでおります。

入れ歯の種類

  • 保険の入れ歯

    保険の入れ歯

    保険で適応できる入れ歯です。材質がプラスチックなので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的にも見た目にも限界があります。

  • 金属床

    金属床

    床の部分が金属でできた入れ歯です。プラスチックの物に比べ床を薄くすることができるので、熱が伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し、自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー

    バネ(クラスプ)を取り除いた入れ歯です。 金具を使用しないためパッと見ただけでは入れ歯を装着しているかどうかわからないほど天然歯に上手く溶け込みます。また、金属アレルギーの方でも問題なく付けることが可能です。

    自然で美しい仕上がりをご希望の方には、ノンクラスプデンチャーをおすすめします。

入れ歯のお手入れ方法

歯にプラークが付着して、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。 入れ歯を掃除しないとそこに食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなってきます。毎日のお手入れで快適な入れ歯生活を送りましょう。

入れ歯のお手入れ方法

  • 水洗い

    まず入れ歯をはずして水洗いし、食べかすを流します。入れ歯に付いたヌルヌルもしっかり落としましょう。

  • 専用磨き剤でブラッシング

    入れ歯専用のみがき剤 (研磨剤が入っていないもの) で入れ歯全体をブラッシングします。 歯磨き粉には研磨剤が入っているため入れ歯を傷つけてしまう恐れがある為、ご使用はお控えください。

  • ノンクラスプデンチャー

    就寝時には入れ歯を洗浄剤に漬けておきましょう。 入れ歯をきれいにすることはもちろん、保存状態もよくなります。